”070410”

今日は、昨日の上昇を半減させるかのような下げ方ですが、これもまたいつものSQモードでの一コマと言う具合にはなるでしょうか。
為替や米国の景気動向と言ったモノはちらついてはいますが、為替に関しては「欧州勢」と「米国勢」の動きの両面の作用があるだろうし(※ロンドン経由での本邦への資金流入か−ニューヨーク経由での資金流入か)、今の所米国の景気に敏感な日本市場においては、既にサブプライム問題が”一応”折り込まれている事は安心材料ではある事から、どちらかと言えば、純粋に国内の需給(※SQ向けの需給)での上下と言う事で良いのではないでしょうか。
そうなると、大体通例のSQ相場向けの下値探りの後→SQ通過後の上昇と言う、今迄のパターンを踏襲する事が高いと言えます。
そして、SQ週に関しては火曜日−水曜日が問題になるので、明日の水曜日に下振れする事があるのであれば買い向かいは報われる公算は高いと。
しかし、ここで注意しなくてはいけないのが”NT倍率”であり、直近のNT倍率は高値圏に来ているので、その修正の在り方として「TOPIX系」の上昇と「225系」のもたつきと言うかたちでの修正が起きうる可能性は極めて高く、今日の指数の下げに比べての「銀行株」「鐵鋼株」「ソフトバンク」等の銘柄群−加えて「倉庫」や「ドーム」等のPBR銘柄群の動きを観るに「指数の牽引」に加えて「出来高−参加者の増加」を象徴するような銘柄群の方に資金が向かう方向では無いかな?と考えたりもしています。
とりあえず、世界の市場においては高値更新をする所(例えば上海然り)が出て来ている以上は、日本市場においても、それなりの上昇を期待したい、と。





欲しいものはネットで探す。恋人だって同じでしょ!

 



 

 

 




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO