”070522”

「銀行株」の結構な上昇に加えて「ソニー」等も値嵩ハイテクも牽引する形での上昇となり、事実上の「底打ち反転」になった、と思われます。
特に、「銀行株」全般の動きに加えて、「ソニー」「タケダ」と言ったモノの上昇が加わって、大型株が牽引する形ではあるけれども、今後の先行きに対する明るさが出て来たと言う気はします。
また、「ソフトバンク」が昨日「願望」として上げておいた様な陽線を出してきている事に加えて、一目の基準線を射程に捉えている事や”週足ベース”でのMACDが今週にも陽転をしそうな事が出始めている為に、今後に期待を持たせる様な動きになってきそうです。
後は、日足での「パラボリック」を超える事での大きな上昇入りを期待したい、と。
さて、一部週刊誌にも出ておりましたが、「日経@19000円説」なるものですが、ま、提灯半分の記事であるには変わり無いのでしょうが、「参議院選挙」「ボーナス支給」と言う時間軸を考えると、あながち間違いでも無い様な気はします。
今回が、あるあると言われて絶えて久しい”サマーラリー”に結び付くかどうかはともかくも、2000年のITバブルの様な「何とかと何とかの株価競争」等と言われる様な相場に発展していく事を祈願。(W
(※勿論、米国他海外市場との修正と言う事を考えれば、そろそろエンジンが掛かる事にはなるのだが)



欲しいものはネットで探す。恋人だって同じでしょ!

 



 

 

 




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO