”070621”

米国の大幅安を受けた事や、昨日の窮屈な上げ、また日足3空と言う事が重なって、寄り付き前の気配では「弱い」と言う考え方が多かった訳ですが、蓋を開けたら、”寄り底”での切り返し、と。
なかなか、現物市場の出来高等が弱い中での先物主導である事には変わりが無い訳ですが、売り込むとか狼狽売りが出ると言う事でも無く、どちらかと言えば、「商社」「鐵鋼」等を軸に買いが入るものが目立って、正に”粘り強い上げ”と言う感じで引ける事が出来ました。
その指標として、今日は「東京エレク」の果たした役割は大きいと思われる所ですが、勿論、「半導体市況」に関しての好調なアナウンスが有ったとは言え、流石と言う所でしょう。
どちらかと言えば、「明日」の日柄からと言う展開を予測していましたが、ま、一足早く今日からスタートをしたと言う事になりますか。
(※実際には、再スタートと言う事になるが)
今日は、出来高も通常の倍近くになっている事に加え、なかなか終値での@9000が難しかった点を今日はクリアーをして来ました。
これで、念願の@10000を目指しての展開を期待していきたい訳ですが、取りあえずは、2月の時とは違い、今回は日足の雲も無い事や月足での雲も無い事から、先日も触れた様に@9500近辺をどう言う形で絡むのかを観て行きたいと言う部分になります。
他方、今日はその他の値嵩ハイテク等は小幅にマイナスになるものも目立ちましたが、エレクに牽引されて行くでしょうから、こちらも久しぶりに軽快な値幅で動いてくれる事を期待しましょう。
さて、「ソフトバンク」ですが、やはり、今の時点では「雲」がやや重いかな?と。
明日辺りは、重要な分岐点になりそうな雰囲気でもあるので、@2875の攻防をしてくれると、有り難いかな、と。
ま、それをしないからと言って、下がる訳でも無いでしょうが、この水準を抜け切らないと、日柄的に先送りになる懸念も無い訳では無いと言う、チョット微妙な立ち位置になるかも知れません。




欲しいものはネットで探す。恋人だって同じでしょ!

 



 

 

 




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO