”070625”

米国の大幅安と一部で期待をされた米国の金曜日の連騰と日本の月曜日の連騰との恩恵も通じずで、反落となりました。
週末に出ていた考え方と今日のザラバ中に出ていた考え方にあった「なかなか安くならない」「下値は固い」と言う点は、先日の3空と言う動きから来ている”下向きへの動き”を十分に牽制するものになっていると思われます。
米国他、中国も含めてですが、毎回毎回連動すると言う訳でも無いし、流動性相場の中での調整の一角でもあると考えるならば、特に目くじらをたてる場面でも無いと言う気もします。
さて、今日は値嵩ハイテクが指数の動きに絡んで上がっているものが目立つ反面、銀行他は安く推移と言う感じになっていますが、今日は「タケダ」が堅調であった事が一つのシグナルを送っているとも言えるかもしれません。
「タケダ」自体は、今チャートは良くない感じではありますが、これが逆行高をする場面に関しては、今年に入ってからで言えば、”先高”に繋がる場面は少なくありません。
無論、その後に続くものが、「ディーリィング銘柄」になる場合も多いので、大型株に片寄っての動きになる場合は多いのですが、それでも一つの絡みとして「新日鐵」に繋げる役割を担っている?とも考えられるので、注目をして行く所ではないでしょうか。
また、ここの所、値動きが軽くなっている「東京エレク」ですが、これも今日は@9410迄乗ってけて来ました。
当面の高値の目処としては@9500近辺ではあるので、後少しでそれなりの目標株価に到達する訳ですが、ま、「月足」等も含めての直近の流れを加味するならば、@10000と言うのも現実的な射程に入って来たと言う事も言えそうです。
今日は、結果として余り良い日足では無いので、明日以降は調整ないし、頭が重い部分は出て来るかも知れませんが、とりあえず、今日の様な逆行高をしている所を観ると、今後に大きな期待をして行きたい所でしょう。
他方、冴えない一角に入っている「ソフトバンク」ですが、今日は、今日としての安値ポイントギリギリで終了となりましたが、これもこのまま下抜くのか、それとも、先日の@8390を付けた時の東京エレクの様に明日以降にチョイ安値を付けて切り返すのか?が注目される所になるでしょう。
(※今日から雲の上限が下がっているので、いよいよ雲抜けにも注目が出て来るが)

しかし、全体相場が今後も強含みであったとしても、なかなか全ての銘柄に順当に陽が当たると言うよりは、やはり資金が集まるものは限られて行く傾向が有る為に、その辺の流れに即したものを考えて行く事も必要になるかも知れません。




欲しいものはネットで探す。恋人だって同じでしょ!

 



 

 

 




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO