”070724”

朝方は米国高をふいにしての下落となり、225指数だけで無く、TOPIXも下げに転じて、「?」と言う疑問符が付く展開になったりしていましたが、後場位よりTOPIXも安定して225もTOPIXもプラスに。
結果としては、何時もの「揉み合い」−@17800〜18200迄の超横横である訳ですが、特にこの相場に主導権を持っている「外資」は何をしたいの?と言う事が頭を巡ってきそうな展開でもあります。
外資が今年の4月以降に買い越しをしている事実と日本国内に資金流入をさせている2つの事を素直に考えると、相場は上にと言う事になりますが、しかし今の所は全然その徴候が見られない訳です。
むしろ、日々の場中の動きを観るに、上にも下にも後一撃行けば振れるのに?と言う場面は数知れずな訳で、その辺は、本当に”不思議”な、、、、、。
当然、色々な理由は有るのでしょうが、多分、一番穿った見解としては、”今相場を動かしても誰も付いて来ないので、弱気強気を篩っている”と言う事が的を得ている様な気がします。
昨今の記事にもありましたし、ここの所の新興市場の動きもさる事ながら、個人の株離れの加速で、「押し付ける相手」に欠いていると言う事を前提に、「踏み上げ」を切っ掛けにしないと上に行けないし、下にも落とせないと言う”窮地”に入っているな、と言う事が大きな原因なのでしょう。
ですから、チャートも壊れそうで壊れないし、かといって、中身がある訳でも無しと言う中途半端な状況が続いていると言う気がします。
とは言え、何等かの事で、後始末は付けないと行けないでしょうし、下に振ると言うよりは上に持って行くつもりでの「買い」を入れていた訳ですから、何処かでそれは動いてくる事でしょう。
明日は「天神底」であるので、それに期待をしたいですが、「外資」に”天神底”も無いでしょうから、丁度選挙が空けて結果が出る30日に「新月」がありますかし、例によっての日柄換算で高値からの26日目も31日に来るので、8月前後からのスタートをしたいのでは?と言う大雑把な感じを持っています。
もし、これが違うのであれば、また其処は様子を観ての判断になりますが、そろそろ結果を出して欲しいな、と。
さて、今日は「新日鐵」「三菱重工」等が反落となり、「ソフトバンク」「ソニー」が切り返しと言う中で「銀行株」も上昇に転じて、何やら色々な銘柄に動きが出つつあるな、と言う感じを受けています。
特に、昨日・今日においてはTOPIXが固かった事が相場を崩さなかった部分でもあり、この辺に影響をもたらす「銀行」「鐵鋼」等の動きが活性化されて来ている事は、今後に繋がる良い影響ではないか、と。
さて、「新日鐵」ですが、昨日の日足の形+出来高で、調整に入る形でしたが、別にこれで終わりでも無いでしょうから、@821からの「窓」を意識しての動きだとは思われます。
また、今日は「ソフトバンク」が調整を終了して動いて来ましたので、これも明日以降の切り返しが楽しみになって来ます。
最後に、「東京エレク」ですが、只今揉み合い中のゾーンでもあり、明日の値幅ゾーンは@8980〜9000と20円幅になりますが、現実の動きとしては@9100を付けてくれる事を期待。

欲しいものはネットで探す。恋人だって同じでしょ!

 



 

 

 




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO