”070827”

「明日は皆既月食」
先週末の米国の上げを受けての今日のザラバ200円高は、位置的にパラボに掛かる所でもあり、後場から上げ幅を落していったのも、うなずける所ではあります。
今回の急落劇の戻りとしての目処は、色々ある所でしょうが、明日の「新月」に向かって上げて来ている事を考えると、そろそろ一服をしていく所では無いかと。
特に、今回の戻りを象徴している「銀行株」がマイナスに転じて来ている辺りからもその辺は補強される訳ですが、”メジャーSQ”+8月の権利落ち等のイベントも控えている事に加えて、米国絡みの指標がテンコ盛りでもある事から、警戒をして行く所でしょう。
ここからの調整に移るとしても、先の安値を叩いて行くと言う事では無いでしょうから、その辺は余り神経質になる部分では無いですが、値運びとして注意をして行くのは「ソフトバンク」の動きでしょう。
以前にも触れましたが、「ED債」が絡んでいる為に@9月5日の償還期限を巡っては一つの動きが出て来る事にもなりそうだと言うのが論拠になる訳ですが、たかが「ソフトバンク」の事だけでと大袈裟にと言う事も出来ますが、「ソフトバンク」に関しては業績と言う土台がしっかりして来ているので、これを抑えるにはどうしても225指数も道連れにして行く悪い傾向があるので、非常に注意をしたいと言う事です。
ま、杞憂と言えば杞憂なのですが。
後、米国に絡む事と言えば、「GS」もサブプライムで色々と立て直しをしている所の様ですから、その辺に絡んでの動きも注意が必要かも知れません。
取り訳、今回の@800円下げに関しては「GS」の機械的なプログラムが主導したと言う話もあるので、その辺を今後どのようにポジを構えて来るのか?に注目が集まりそうです。
(※当然、「GS」が絡むファンドの組成にも影響を与えたと思われる訳ですが、これが売り過ぎて再度調整買いを入れて来ると言う事であれば非常に明るい話題ではあります。)
こうなると、期待をしたいのは「新興市場」ですが、東証に連動していくのか、独自の相場展開になるのか、当然、後者に期待をしたい訳ですが、ま、様子見と。

欲しいものはネットで探す。恋人だって同じでしょ!

 



 

 

 




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO